TOP
 〉
案件一覧
 〉
事業企画の案件一覧

案件検索

案件が見つかりませんでした

事業企画の人気業界ランキング

順位業界割合年収
1コンサルティング27.1%1104万円
2SaaS11.4%901万円
3Webマーケティング10.0%711万円
4その他IT関連8.6%877万円
5マーケティング・リサーチ7.1%641万円

事業企画の必須スキルランキング

順位必須スキル名割合
1新規事業8.9%
2プロダクトマネジメント7.1%
3事業戦略4.5%
4企画立案4.5%
5英語2.2%

事業企画の平均時給単価

※ 想定時給: 案件ごとの平均報酬 / 平均稼働時間で算出

事業企画の平均年収

事業企画のリモート案件率

事業企画の案件が多い業界

事業企画の平均稼働日数

事業企画の年収中央値・年収平均値

中央値:840万円|平均値:901万円

事業企画ってどんな仕事?事業企画案件・求人の特徴

事業企画とは、企業が新しいビジネスやプロジェクトを立ち上げるために行う、企画段階のことを指します。事業企画の仕事は、企業の成功に深く関わるため、高いプロフェッショナルスキルが求められる仕事です。また、市場や業界の状況を理解し、ビジネスの成功を保証するために、常に最新の情報を収集し、分析する必要があります。 具体的な業務内容は以下のようなものがあります。
・新しいビジネスアイデアを生み出すこと
・ビジネスプランの策定
・マーケティング戦略の立案
・財務計画の立案
・ビジネスリスクのアセスメント
・ビジネスモデルの構築
・パートナーシップの確立
・ビジネスプロセスの企画

事業企画案件・求人の市場動向や事業企画のニーズ

事業企画の人材は、企業や組織が新しい事業を立ち上げる際に必要とされます。そのため、新しい事業を立ち上げる企業や組織が増えることで、事業企画のニーズが増えるでしょう。 また、既存の事業を拡大するためにも、事業企画が必要になることがあります。そのため、既存の事業が拡大することでも、事業企画のニーズが増えることがあります。 さらに、消費者の需要や競合他社の戦略、経済環境などの要因が変化することで、既存の事業に対する事業企画のニーズが生じることもあります。 様々な企業やサービスがなくならない限り、事業企画の案件がなくなることはありません。事業だけでなく経営視点やグローバルな経験などもあると活躍の幅が広がるでしょう。

事業企画案件・求人で求められるスキル

事業企画の案件では、次のようなスキルが求められることがあります。 市場調査のスキル: 事業を立ち上げるにあたり、市場の需要や競合他社の状況を調査する必要があります。そのため、市場調査の方法や手法を理解していることが望まれます。 財務分析のスキル: 事業の財務計画を立案する際には、財務分析が不可欠です。そのため、財務分析の方法や手法を理解していることが望まれます。 ビジネスプランの立案のスキル: 事業のビジネスプランを立案することで、事業の方向性や戦略を明確にすることができます。そのため、ビジネスプランの立案に必要なスキルが求められます。

事業企画のスキルを高める勉強方法・資格

事業企画のスキルを高めるためには、次のような勉強方法や資格があります。
・専門書やWeb講座などを通じた勉強: 事業企画に必要なスキルを習得するためには、専門書やWeb講座などを受講することが有効です。これらを通じて、事業企画の方法や手法を学ぶことができます。
・実務経験を積むこと: 実際に事業企画を行うことで、実践的なスキルを身につけることができます。事業は一つとして同じものはないので、実践の場で学ぶことが一番のスキルアップに繋がります。
・事業企画に関する資格を取得する: 事業企画に関する資格を取得することで、自分のスキルを証明することができます。また、資格を取得することで、専門的な知識やスキルを身につけることができます。
例えば、事業企画アナリスト資格やビジネスプランニング技能士資格などがあります。資格を取得するには、試験を受ける必要がありますので、資格取得を目指す場合は、予め試験の内容や受験条件などを確認することが重要です。

事業企画案件は未経験でも応募できる?

事業企画案件については、未経験でも応募することができる場合と、できない場合があります。 未経験でも応募できる場合は、例えば新卒からキャリアアップを目指す場合などです。第二新卒枠としてポテンシャルを見込んで優秀な人材を育てる目的で採用をしている求人があります。 この場合、自分が持つスキルや経験をアピールすることで、未経験であることをカバーすることができます。 一方で、未経験で応募できない場合は、例えば中途でのキャリアアップを目指す場合などです。中途採用のレベルの高い事業企画の案件は、即戦力として活躍できる人を求めているので、未経験での応募は難しいでしょう。ですので、事業企画案件に応募する場合は、具体的な求人要項を確認して、自分が持つスキルや経験が足りているかどうかを判断することが重要です。

事業企画案件・求人の将来性や事業企画のキャリア

事業企画のキャリアパスは、次のような流れが一般的です。
・事業企画を学ぶ: 事業企画を学ぶためには、まずは専門の書籍やWeb講座などを受講することが有効です。これらを通じて、事業企画の方法や手法を学ぶことができます。
・事業企画の実務経験を積む: 実務経験を積むことで、実践的なスキルを身につけることができます。また、実務経験を積むことで、事業企画に必要な知識を身につけることができます。
・事業企画の部門のマネジメント: 事業企画の経験を積んだらマネジメントのキャリアパスもあります。より経営に近い視点から組織を動かしたり、事業企画人材の育成の経験を積むことも重要でしょう。

事業企画案件・求人のよくある質問

Q. 事業企画とは何ですか?
A. 企業が新しいビジネスやプロジェクトを立ち上げるために行う、企画段階のことを指します。市場調査やプロダクトデザイン、売上の見込み、組織体制の構築などさまざまな業務があります。

Q. 事業企画はフリーランスでも可能ですか?
A. 事業企画には、高いスキルや豊富な経験が求められ、正社員で採用することが難しい場合があります。その場合、フリーランスや副業の方でもスキルや経験を認められ採用されることがあります。顧問契約やアドバイザーのような立場から参画するケースもあります。

Q. 事業企画をするにはどのような経験が必要ですか?
A. 実際に事業を立ち上げた経験が重視されます。また、ベンチャー企業などで経営に近い立場で企業成長に貢献した経験なども重宝されるでしょう。多角的に物事を分析する力や周りの人を巻き込む力などを発揮した経験も必要です。

もっと見る